オンシオール(Onsior) 犬猫用 ロベナコキシブの個人輸入代行はベストドラッグ

  • HOME
  • ご注文方法
  • 個人輸入について
  • 運送便
  • 特定商取引の表示
  • 会社案内
  • お買い物カゴ
  • メンバートップページ
メニュー
商品カゴ
電話注文
検索
オンシオール(Onsior) 犬猫用
Elanco
オンシオール(Onsior) 5mg 猫用(2.5kg〜)
犬猫用のロベナコキシブ錠。

成分:ロベナコキシブ(Robenacoxib)
6mg 30錠
猫用(2.5kg〜)
画像を拡大
 
 
オンシオール(Onsior) 5mg 超小型犬用(2.5kg〜5kg)
オンシオール(Onsior) 10mg 小型犬用(5kg〜10kg)
5mg 30錠
超小型犬用(2.5kg〜5kg)
10mg 30錠
小型犬用(5kg〜10kg)
画像を拡大
画像を拡大
 
 
オンシオール(Onsior) 20mg 中型犬用(10kg〜20kg)
オンシオール(Onsior) 40mg 大型犬用(20kg〜40kg)
20mg 30錠
中型犬用(10kg〜20kg)
40mg 30錠
大型犬用(20kg〜40kg)
画像を拡大
画像を拡大
表示価格には、商品代、送料が含まれています。
下記の金額は、為替レートに連動しています。
本日の為替レート 1US$=

商品
発送便/国
価格

6mg 猫用 30錠 1箱
国際eパケットライト/TW
6mg 猫用 30錠 2箱
国際eパケットライト/TW
6mg 猫用 30錠 3箱
国際eパケットライト/TW
       
5mg 超小型犬用 30錠 1箱
国際eパケットライト/TW
5mg 超小型犬用 30錠 2箱
国際eパケットライト/TW
5mg 超小型犬用 30錠 3箱
国際eパケットライト/TW
       
10mg 小型犬用 30錠 1箱
国際eパケットライト/TW
10mg 小型犬用 30錠 2箱
国際eパケットライト/TW
10mg 小型犬用 30錠 3箱
国際eパケットライト/TW
       
20mg 中型犬用 30錠 1箱
国際eパケットライト/TW
20mg 中型犬用 30錠 2箱
国際eパケットライト/TW
20mg 中型犬用 30錠 3箱
国際eパケットライト/TW
       
40mg 大型犬用 30錠 1箱
国際eパケットライト/TW
40mg 大型犬用 30錠 2箱
国際eパケットライト/TW
40mg 大型犬用 30錠 3箱
国際eパケットライト/TW

※個人輸入商品における【 現在のお届け目安 】をご確認ください。
商品説明&記事
犬猫用のロベナコキシブ錠。
使用方法
オンシオールの用法・用量などは、日本国の薬機法(旧薬事法)により控えさせていただきます。
成分
猫用(2.5kg〜):
ロベナコキシブ(Robenacoxib) 6mg

超小型犬用(2.5kg〜5kg):
ロベナコキシブ(Robenacoxib) 5mg

小型犬用(5kg〜10kg):
ロベナコキシブ(Robenacoxib) 10mg

中型犬用(10kg〜20kg):
ロベナコキシブ(Robenacoxib) 20mg

大型犬用(20kg〜40kg):
ロベナコキシブ(Robenacoxib) 40mg
注意事項
獣医師の処方や指示に従ってください。

猫用:
・本剤は体重2.5kg未満及び4ヵ月齢未満の幼若猫には投与しないでください。
・妊娠あるいは授乳中の猫に対する安全性は確認されていないため、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与するようにしてください。
・本剤を消化性潰瘍のある猫には投与しないでください。
・心疾患、肝障害、腎障害、消化器障害、出血性傾向、血液異常、脱水症状、貧血及び低血圧の猫には、安全性及び有益性が確認されていないため、本剤を使用しないでください。
・他の非ステロイド系抗炎症剤及びステロイド系抗炎症剤と併用しないでください。
・クマリン系抗凝固剤及び一部のACE阻害剤との併用は避けてください。
・アミノグリコシド系抗生物質等の腎毒性のある薬剤との併用は避けてください。
・抗炎症剤を前投与している場合、副作用の発現或いは増強が生じることがあるので、前投与した薬剤の特性に基づき本剤の投与前に最低24時間は間隔を空けてください。

犬用:
・本剤は体重2.5kg未満の犬又は3ヵ月齢未満の幼若犬には投与しないでください。
・妊娠あるいは授乳中の犬に対する安全性は確認されていないため、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与してください。
・本剤を消化性潰瘍のある犬には投与しないでください。
・本剤に対し過敏症の犬には投与しないでください。
・心疾患、肝障害、腎障害、消化器障害、出血性傾向、血液異常、脱水症状、貧血及び低血圧の犬には、安全性及び有効性が確認されていないため、本剤を使用しないでください。
・本剤の使用に際しては、獣医師が14日ごとに診察し、その結果に基づいて処方日数をお決めください。
関連サイト
参考サイト: