セントラム・シルバー フロムAトゥージンク(ウィズ・リコピン)ファミリーサイズの個人輸入はベストドラッグへ

  • HOME
  • ご注文方法
  • 個人輸入について
  • 運送便
  • 特定商取引の表示
  • 会社案内
  • お買い物カゴ
  • メンバートップページ
メニュー
検索
 セントラム・シルバー フロムAトゥージンク(ウィズ・リコピン)ファミリーサイズ
   Centrum社/USA
セントラム・シルバー フロムAトゥージンク(ウィズ・リコピン)ファミリーサイズ:270錠
セントラム・シルバーは、成人のために開発された最初の総合的な栄養補助サプリメントです。50歳以上の方々の様々な必要に対応する、バランスの取れたサプリメントです。


画像を拡大
表示価格には、商品代、送料が含まれています。
下記の金額は、為替レートに連動しています。
本日の為替レート 1US$=

商品
お届け便
価格

セントラム・シルバー フロムAトゥージンク(ウィズ・リコピン)ファミリーサイズ:270錠
メールプラス便/USA
欠品中

■FEDEX便(荷物追跡可能):発送後3〜5日で配達 
■国際ペリカン便(荷物追跡可能):発送後4〜7日で配達
■国際書留&EMS便(荷物追跡可能):発送後4〜7日で配達 
■GPM便&AIR便(荷物追跡不可):発送後7〜14日で配達  運送便の詳細説明はこちらです。
商品説明&記事
セントラム・シルバーは、成人のために開発された最初の総合的な栄養補助サプリメントです。50歳以上の方々の様々な必要に対応する、バランスの取れたサプリメントです。

セントラム・シルバーの重要な相違:

ベータ・カロチン:ビタミンAの一形式であるベータカロチンを増量。一流の栄養学者によって、健康に顕著な効用があるとされています。

ビタミンB6:高品質のビタミンB6により、身体が食物をエネルギーに変換するのをより効果的に助けます。

ビタミンB12:ビタミンB12の増量により、貧血から身体を守ります。

カルシウム:高品質のカルシウムにより、健康な骨の形成を促進・維持することをより効果的に助けます。

クロミウム:高品質のクロミウムにより、体内の糖の新陳代謝をより効果的に助けます。

ビタミンE:高品質のビタミンEにより、細胞を損傷から保護します。

鉄:特に女性の場合、出産年齢以降は鉄分の必要量が減少するため、鉄分を減らしました。ビタミンK:血液凝固を最適化するためにバランスのとれた配合にしました。リン:カルシウム吸収を最適化するためにバランスのとれた配合にしました。
使用方法
大人 - 1 日 1 錠。
成分
ビタミンA(29%はベータ・カロチンとして)3500 IU
ビタミンC(60mg)
ビタミンD(400IU)
ビタミンE(45IU)
ビタミンK(10 mcg)
チアミン(B1)(1.5mg)
リボフラビン(B2)(1.7mg)
ナイアシン(B3)(ナイアシンアミドのかたちで20mg)
ビタミンB6(3mg)
葉酸(フォラシン400 mcg)
ビタミンB12(25 mcg)
ビオチン(30 mcg)
パントテン酸(10mg)
カルシウム(200mg)
リン(48mg)
ヨウ素(150 mcg)
マグネシウム(100mg)
亜鉛(15mg)
セレン(20 mcg)
銅(2mg)
マンガン(2mg)
クロミウム(150 mcg)
モリブデン(75mg)
塩化物(72mg)
カリウム(80mg)
ニッケル(5 mcg)
シリコン(2mg)
バナジウム(10 mcg)
ルテイン(250 mcg)
ホウ素(150 mcg)

炭酸カルシウム
リン酸カルシウム
酸化マグネシウム
塩化カリウム
微晶質セルロース
アスコルビン酸(ビタミンC)
ゼラチン
澱粉
酢酸トコフェリル(ビタミンE)
クロスポビドン
ヒドロキシプロピルメチルセルロース
ナイアシンアミド
酸化亜鉛
パントテン酸カルシウム
グルコース
二酸化ケイ素
二酸化チタン
硫酸マンガン
ステアリン酸マグネシウム
塩酸ピリドキシン(ビタミンB6)
蔗糖
酸化銅
リボフラビン(ビタミンB2)
ベータ・カロチン
クエン酸トリエチル
単硝酸チアミン(ビタミンB1)
ビタミンA A/ビタミンD乳糖
乳糖
ポリソルベート80
塩化クロミウム
ホウ酸塩
葉酸
ヨウ化カリウム
モリブデン酸ナトリウム
セレン酸ナトリウム
ビオチン
シアノコバラミン(ビタミンB12)
メタバナジウム酸ナトリウム
硫酸ニッケル
フィトナジオン(ビタミンK)
FD&Cブルー No.2 レーキ
FD&Cレッド No.40 レーキ
FD&Cイエロー No.6 レーキ
注意事項
ふたをしっかり閉じて、小児の手の届かない場所に保管して下さい。鉄分を含んでいます。大量に摂取した場合、子供にとって致命的な害をもたらす恐れがあります。誤って過度に摂取した場合には、医師に連絡して下さい。
室温で保管して下さい
関連サイト

ビタミン、ミネラルの摂取量について
下表は、厚生労働省 「第6次(平成12年度から16年度の間使用)改定日本人の栄養所要量について」の18〜49才の年齢層についての数値を記載しています。(*1日所要量と許容上限摂取量についてのみ)欠乏症を防ぐ必要量(所要量)とともに、過剰摂取による健康障害を防ぐ上限値(許容上限摂取量)が設定されています。
http://www1.mhlw.go.jp/shingi/s9906/s0628-1_11.html