優れた海外の医薬品、化粧品、発毛、育毛、サプリメントの「個人輸入」は、実績と信用のベストドラッグが承ります。

バイアグラ、レビトラ、シアリス等の海外の優れた純正医薬品、ジェネリック医薬品の個人輸入は、ベストドラッグ(BESTDRUG)が承ります。品質と配達を100%保証しております。
  • HOME
  • ご注文方法
  • 個人輸入について
  • 運送便
  • 特定商取引の表示
  • 会社案内
  • お買い物カゴ
  • メンバートップページ

    医薬品等に関連する記事    

 「人工知能」が医師や看護師代わりに?
 

すごい時代が来たものです。プロの将棋士がコンピュータに負けることが多くなってきました。最近は、殆ど勝てなくなってきています。将棋よりも高度で複雑な碁の世界も同じようになっています。コンピュータの能力が格段にアップすると、膨大な記憶量と、とてつもなく早い処理能力を持つようになると、今までの数万、いや数百万の対戦記録をコンピュータに記憶させ、その対戦記録を分析して、どうして勝てたのか判断させるのです。記憶量においては、すでに、人間を圧倒的に凌駕して人間は、記憶量においては、足元にも及びません。判断もそのスピードは、まさに神業で、人間の及ぶところではありません。

これらのコンピュータの利用方法をAIと呼びようになってますが、このAIは車の自動運転や医療にも利用されてきています。正に、産業革命です。自動運転が普及しますと、車を運転することを仕事にしている人は、不要となります。すなわち首切りです。長距離のトラック、バスの運転手、タクシーの運転手、これらの仕事は、10年後には、無くなります。宅配便の運転手は配達があるので、仕事としては、残りますが、小さな荷物は、ドローンに変わり重たいものだけを配達ということになるかもしれません。タクシーは観光タクシーのように、お客にあった観光案内ができる運転手だけが残るのでしょう。しかしこの場合は、運転手というよりも観光案内のガイドさんの仕事になります。

このAIは医療業界にも、革命を起こしつつあります。10年後、20年後には、診察は医者の仕事でなくなる恐れがあります。AIを利用しない医者は、藪医者と呼ばれる時代になります。このことを多少専門的に説明している記事がありますので、下に引用します。

引用:TechTarget Japanより http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1406/02/news05.html

医療業界は“情報爆発”という問題を抱えている。医師や保険会社は患者1人1人に必要な処置を素早く決定するのが困難になっている。「病歴」「数年分のカルテ」「臨床的証拠」を考慮する必要があるが、このように膨大な量の情報を処理するのは人間にとって容易なことではない。しかし、米IBMが開発した人工知能コンピュータシステム「Watson」にとっては赤子の手をひねるように簡単だ。Watsonは、膨大な量のデータに対して自然言語で投げ掛けられた質問を処理して、ほんの数分で根拠に基づいた回答を計算する。

 Watsonでは、100万冊の本に相当するデータを取捨選択し、情報を分析して、複雑な質問に対して正確な答えを出す。この一連の処理をたった数秒という時間でやってのける。保険会社の米WellPointは、それが医療業界にとって意味することをすぐに理解した。米インディアナポリスを拠点とする同社は、2年前からIBMとパートナーシップを結んでいる。そのパートナーシップを通じて、同社の3千を超える診療所のネットワークと連携し、患者への対応と治療選択肢の提示をほぼ瞬時に行っている。